モデリングは何のため?

UMLモデルを作成するのは何のためでしょう? 仕様をより正確・厳密に書くため? 作成したモデルのその後の運命は(本当に使われているのか)? 等々、疑問は山積していますが、皆さんはいかがでしょうか。

上流工程にUMLモデリングが組み込まれていることもあると思いますが、その成果が下流にうまくつながっているケースをあまり知りません。 では、無駄なことをしているのでしょうか? それは無いと思いますが、下流につなぐ仕組みがまだちゃんと出来ていないということだろうと思います。 そんな仕組みがあるの?という疑問と、結局MDAはうまく行かなかったという認識もあり、なんとなくうやむやにされているのが現状ではないでしょうか。

このブログではDSLの話題をよく取り上げます。 現在DSLをやっている人たちには、昔UMLをやっていた人が随分含まれているそうです。 UMLのような守備範囲の広いモデリング言語を使って作成したモデルをMDAの流れに乗せるのはやはり容易なことではなく、その結果、範囲を絞ろう!と思った人たちがDSL系に流れたのではないでしょうか?

ではDSLならMDA的なことが出来るか?というのがお題になります。 YesとNoが混在しているのが現状だと思います。 DSLのある限定されたDomainの範囲であってもMDAが出来れば、それはとても利用者にとって有効なのではないでしょうか? (UML)モデルを作成したら後は知らないということが仕事として成立するなら良いのですが、今の世の中それでは「いかがなものでしょうか」です。 UMLモデルを作成するのが仕事の方は、もっと下流にまで責任を持ってもらう(時には自分で開発してもらう)ようになるのが筋だと感じています。 いかがでしょう。

モデリングは何のため?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中