Executable UMLについて

ちょっと思うところがあり、昔買った Executable UML の本を読み返してみました。 きっかけは、OMG の Alf + fUML が過去のものとどれだけ違っているのかふと気になったためですが、そもそもは、eclipse の UML ツールの一つである Papyrus で Alf のエディタの内蔵を検討していることを知ったためです。

Alf + fUML  はいろいろな意味で確かに現代的になっているのですが、本質的には昔のものとそれ程違いがなさそうな気がしました。 UMLでモデルを作成しても、それが有効に活かされないことが多く、モデル実行が実現できればもう少し事態が改善するかと思うのですが、このままでは普通の設計者には使うのが難しそうな気がします。 UML Profile ではありませんが、用途に応じてサブセット化しシンプルなものに出来るようなメカニズムがあれば良いのにと思う次第です。

Executable UMLについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中