UMLデータのInteroperabilityについて

現在2種類の商用UMLツールを使っていますが、これまでモデルデータの交換は殆ど出来ない状況で、必要なときには入力し直すようにしていました。 OMGのXMI相互運用性WGの成果なのかもしれませんが、今日Enterprise Architect用に作成したUML ProfileとモデルデータをMagicDrawに殆ど問題なく移すことが出来、とてもうれしく思いました。 限られた種類のUMLツール間だけで、それも方向性がある話なのかもしれませんが、それでもデータ交換が「絶対無理」が「出来る場合もある」となったことはとても喜ばしいことです。 やれば出来るんですね。 もう後には戻れませんよ。

Thanks Ed! Congratulations!

UMLデータのInteroperabilityについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中