InfoQ: Gartner: Best and Worst EA and Application Architecture Practicesについて

InfoQ の記事の紹介です。 Garter による Enterprise Architecture 実践におけるベストプラクティスとワーストプラクティスというタイトルです。

  1. InfoQ: Gartner: Best and Worst EA and Application Architecture Practices

裏表の関係にある部分がかなりありますが、取り組む際には気にかけた方が良い項目が並んでいます。 なお、最後のところにスライドへのリンクがありますので、詳しく見てみたい方はそちらも参考にしてください。

InfoQ: Gartner: Best and Worst EA and Application Architecture Practicesについて

UML Toolsについて

Stack Overflow に Free UML Tool for use という質問があがり、多くの回答が寄せられています。 以前もこの話題について書きましたが、この回答に含まれている次の三つのリストは参考になりそうなので引き写して紹介します。

  1. List of Unified Modeling Language tools
  2. UML Products by Company
  3. UML tools

随分沢山あるものです。 これだけあれば、何か使えるものが見つかるのではないでしょうか。 なお、最初に引用した質問は次のものです。

  1. Free UML Tool for use
UML Toolsについて

Eclipse ModelingにおけるOCLについて

OMG-Eclipse modeling workshop のなかで興味深かったお話の紹介です。 もともとある程度OCLは実現されていたのですが、Ed WillinkさんがXtextを利用したOCLエディタを開発され、それは現在のDistributionの中にも含まれています。 次は説明に使われたスライドです。

  1. OCL Advances and the OCL VM

IndigoでHelp->Install New Software …->”Indigo – http://download.eclipse.org/releases/indigo/”  から “Modeling/OCL Examples and Editors” をインストールすると、このエディタを入れることが出来るということです(その前にOCLのSDKも必要でしょうが)。 関連して、前に書きましたUML 2.5の仕様開発でも使っているとのことで、これからはOCL文をこのツールで検証してから仕様書に掲載するとのことでした。 私もまだエディタを実際に動作させていないのですが、XtextのForumでも名前をみかけるEdさんなので、きちんと動作するだろうと思います。 OCLは始めとっつきにくいところもありますが、慣れると結構使いやすく感じます。 また、Junoになれば OCL VM も入ってくるかもしれません。 そうなれば更に使える道具になると思います。 OCLの気になる方は(Junoを待つのではなく)早めからお試しください。

Eclipse ModelingにおけるOCLについて

EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graphについて

Tasktop  Technologies 社の Mik Kersten さんによる EclipseCon 2012 でのキーノート講演の録画が公開されました。 とても印象的なプレゼンテーションで、いろいろ考えさせられることを含んでいたと思います。 参加されなかった方も(騙されたと思って)是非ご覧ください。

  1. Tasktop Blog » Blog Archive » EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graph.
EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graphについて

Top EclipseCon 2012 Speakersについて

eclipse の Ian Skerrett さんのブログポスト紹介です。

  1. Top EclipseCon 2012 Speakers

EclipseCon 2012 に参加しながらも、ここにあげられているセションにほんのわずかしか参加しなかったことが分かりました。 今更ですが、公開されているものばスライドだけでも眺めてみようと思っています。 ご関心のある話題があれば皆さんもいかがでしょうか。

Top EclipseCon 2012 Speakersについて

OMG-Eclipse modeling workshopについて

昨日一件紹介しましたが、 OMG-Eclipse modeling workshop のイントロ部分について紹介します。

これは2年に一度程度開催されるイベントで、モデリングの標準仕様を策定している OMG と、その仕様をオープンソースとして開発している eclipse の間の連絡会的なものです。 そうは言っても、この2者間の関係について余りご存じない方が多いと思いますので、しょっぱなに進行を務めた Ed Willink さん(Mr. OCLです)がその関係を整理してくれたスライドがありますので、それを見てください。

  1. OMG Specification and Eclipse Project Overview

OMGの一般的な紹介まで含まれていますが、特にOMGのモデリング仕様とeclipse modeling projectの間の関係を示す図にご注目ください。 一般的に思われている以上に関係が深いことが分かると思います。

OMG-Eclipse modeling workshopについて

UML 2.5について

EclipseCon 2012 の開始前日に行われた OMG-Eclipse modeling workshop で聞いてきた話を小出しにしてゆきます。 まずはUML2.5について。

現在のUMLは仕様書が1,000ページを超え、書いた本人たちも苦労するようになっているそうです。 そこで Simplification という活動が始まり、UML 2.5という版でそれが実現するそうです。 仕様自体には手を付けず、仕様書をシンプルで分かり易いものに書き換えるということだそうです。 特に Infrastructure と Superstructure の区別がなくなり、最初から読んでゆけば理解できるような本になるとのことです。 本当に2.5で決まりになるのかどうか分かりませんが(ひょっとしたら2.6があるかもしれません)、良い方向に向かっていることは確かです。

次のスライドはEd Seidewitz さんが発表に使ったものです。

  1. UML 2.5: Specification Simplification
UML 2.5について