Xtext入門e-bookについて

日本Xtextユーザ会というのをやっていますが、会のメンバの方と一緒に日本語での入門書を作成しました。 次のベータパブリッシュのサイトから無料でダウンロードできます。

  1. テキスト型DSL開発フレームワーク Xtext 入門

この本を用意した経緯ですが、eclipse/Xtextに関する情報が英語のものしかなく、使えるツールなのに国内で関心を持つ方が少なかったため、せめてとっかかりの部分だけでも楽にしたい、ということから始まりました。 従って初心者向けです。 最初はXtext 1.0ベースで用意していたのですが、途中で2.0が出てきたため(多少なりとも追いつくため記述を追加したため)公開が遅れてしまいました。

サンプルとして、アンケートシステムを考えました。 これはイベントなどの後で、参加者にアンケートに答えて貰うという想定で、アンケート内容を作成するためのXtextベースDSLを用意しました。 とても簡単なものです。 ただ、それだけでは面白くないため、コード生成のターゲットを Google App Engine/Java として、コード生成するとGAE/Jの上のアンケートシステムを作成するようにしました(この部分は私よりずっとプログラマな若い相棒にお願いしました)。 この使い方はXtextにおいてとてもオーソドックスな形態になるため、参考にして頂ければと思います。

Xtextのプロジェクトは現在Xtendというファミリー言語を使いJavaとのインテグレーションに向かっています。 構造面だけでなく振舞い面についてもずっと簡単なテキスト記述が出来、対応する(そして十分読める)Javaコードが同時に生成されます。 EclipseCon 2012ではこれとは違った側面からの使い方についての講演もありました。 いずれにせよ、今後もどんどん進化・変化してゆくツールだと思いますので、時間のある時にダウンロードしご覧頂ければと思います。

Xtext入門e-bookについて

Xtext入門e-bookについて」への2件のフィードバック

  1. ちょうど、Xtext について勉強したいと思っていたところでしたので、早速ダウンロードさせて頂きました。
    この徒然モデリングも楽しみにしているので、今後もよろしくお願いします!

    1. rmodp より:

      ダウンロードして下さりどうも有難うございました。 Xtext は Xtend も含めポテンシャルの高い・応用分野の広いツールです。 多くの方に試して貰いたいと思いますので、是非ご協力よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中