The Great PaaS Lock-In | Cloud Zoneについて

PaaS へのロックインについての記事紹介です。有名どころを並べてコメントしています。

  1. The Great PaaS Lock-In | Cloud Zone

何らかの標準的なプラットフォームを提供するのでなければ PaaS のロックイン問題は「仕方ない」ものだと思います。何しろ「プラットフォーム」はインフラとアプリケーションの間のグレーゾンのどこにあっても不思議ではなく、提供側は他の PaaS との競合から「付加価値」をつけて差別化をはかります。従ってこれは当然の帰結になります。利用者側としては、ロックインしたとして最低限何を確保するのか(確保できるものがあるのか)ということになると思われます。最低限という意味では(別の PaaS に移行したとして再利用可能なものとして)アプリケーションで作成したデータや設計仕様(あまり API に近すぎないもの)くらいでしょうか。クラウドシステムの運用管理やセキュリティに関するノウハウも活かるかもしれません。しかし、これらを考えても PaaS にはそれを利用するビジネス価値があることも確かです。評価の仕方によっていろいろ異なる判断が生まれそうです。

広告
The Great PaaS Lock-In | Cloud Zoneについて

Personal Cloudについて

Personal Cloudという言葉はまだ定着した言葉ではないと思いますが、かつての集中型メインフレームに対するものとしてのパーソナルコンピュータ同様、現在の一般的なCloud Computingに対するものとして「あるだろう」と考えている人たちがいます。 次がその定義です。

  1. Personal Cloud

日本にはこれに役立つ要素技術が沢山あると思いますが、こういう見方をされている方・企業はどの程度おられるのでしょうか? 久しぶりに秋葉原探検にゆきたくなりました。

Personal Cloudについて

Four Ways the Post-PC Era Differs From Todayについて

Forbesのサイトで見つけた記事の紹介です。

  1. Four Ways the Post-PC Era Differs From Today

Post-PC Era の本質についての見解です。

TwitterやFacebookでForbesの記事を引用する方がかなり見受けられますが、やはり興味深い話題が多く掲載されています。 Web 1.0/2.0/現在を比較して、現在成功している企業が今後も生き残れるかを話題にした次の記事もおもしろいと思います。

  1. Here’s Why Google and Facebook Might Completely Disappear in the Next 5 Years
Four Ways the Post-PC Era Differs From Todayについて