UML Profile for NIEMについて

OMGで標準化が進められている活動の紹介です。 NIEMというのは米国の National Information Exchange Model で、政府や州や民間の間で情報交換を行う際の語彙の標準化だそうです。 そのベータ版#1がレビューのために公開されたということなので、ちょっと眺めてみました。

  1. UML Profile for NIEM beta 1

かなり複雑な仕様です。 内容の詳細はさておき、OMGの政府向けの仕様ということで、これがいったいどんな構成になっているかをみてみます。するとMDA的な整理になっており、PIM/PSM/Platformの各仕様が並んでおり「これらの間の対応付けをQVToで書いた変換ルール」として提供しています。 OMGでもこういった形式の仕様は初めて見るように思います。 個人的な印象ですが、対象範囲が広く政府のプロジェクトとも多分関連すると思われるため、上から下に向けての変換を厳密にするための工夫ではないかと思いました。 国によって事情が違うと思いますが、こういう仕様を公開すれば情報交換の質はきっと上がると思います。 この構成についての考え方だけでも参考になるのではないでしょうか。

UML Profile for NIEMについて

UML Profile for NIEMについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中