Interaction Flow Modeling Languageについて

Interaction Flow Modeling Language というのは OMG で策定中の(つまり作業中の)新しい標準モデリング言語です。公開されているのは RFP 文書だけですが、探すともう少し出てくると思います。 エントリーポイントは

  1. Interaction Flow Modeling Language

が良いと思います。 これは、いわゆる Web Application のUIインタラクションのあたりをきちんと記述する言語と見受けられます。 推進しているところ(会社)がこういった領域もカバーする商用ツールを持っているため、そこから発展させた仕様のようです。 EMF/GMFを使って作成したプロトタイプもあるようです。 従来の良くある CRUD 型のインタフェースより深い事は間違いないのですが、ここまで標準化が必要と感じるかどうか意見の分かれるところかもしれません。 興味のある方は上の URL と RFP文書(最初の2枚と6章)をご覧ください。

Interaction Flow Modeling Languageについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中