Viewpoint: the making of 動画の紹介

EclipseCon NA 2015 の報告で PolarSys のことを書きましたが、PolarSys 関連の聴講セッションのなかでも特に感心したのがこのビューポイントを作成してモデルに反映するデモです。二人の人が前に出てマネージャとデベロッパーの役を演じ、マネージャからの無理難題をデベロッパーが Capella/Kitalpha を使い軽く実現してしまうというプレゼンテーションです。

自由に Viewpoint を定義して Model Work Bench をカスタマイズしながらモデルを発展させてゆくというアプローチがとてもうまく実現されており、使い方を工夫すれば別の世界(例えば、エンタプライズ系)にも適用できるでしょう。このプロジェクトには Obeo 社が参画しており、そのためか Sirius が大活躍しています。

いろいろな意味で参考になるプロジェクトですので、是非最後までご覧ください。

Viewpoint: the making of 動画の紹介

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中