Video and slide (InfoQ): Arduino Designer: the Making of!

前回に引き続き、 EclipseCon NA2015 で実際に聴講したセッションから、Arduino Designer の作り方といった感じの、とても興味深いセッションについて InfoQ に動画とスライドが掲載されていますので紹介します。

講演されたのは Obeo 社の Melanie Bats さんという女性の方で、Arduino というマイクロプロセッサを使い猫の模型を動作させるモデルベースソフトウェア開発システムを、Sirius と Acceleo を使って構築する様子を説明してくれています。EMF のメタモデルから始まり、Sirius のかなり詳しい使い方の説明まで触れていますので、このようなシステムを専用グラフィカル開発環境と共に構築したい方にはとても参考になるプレゼンテーションです。最後で触れていますか、このプロジェクトは github に公開されていますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

なお、今回の EclipseCon ではこれ以外にも itemis 社による LEGO Mindstorms を使った Xtext ベースのロボットシステム開発実行環境のデモや IBM 社が Raspbery Pi で JEE を動かしたミニチュアカーの展示などもあり、Eclipse のモデルベース開発技術が組み込みシステム寄りで応用が広がっていると感じられるものでした。

Video and slide (InfoQ): Arduino Designer: the Making of!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中