Eclipse Sirius で遊ぶ #2

今回は簡単な StateMachine を作成してみました。まず ecore モデルですが、UML 2.5 (OMG formal/2015-03-01) の仕様の StateMachine 定義を単純化してみました(これでも本物より簡単にしてあります)。

SimplifiedStateMachine.png

前回同様の手順を使うことでサンプルモデルから次のような StateMachine 図を作り出すことができました(今回のトライアルでグラフィカル要素の定義は下の図に含まれている要素に対してしか行っていません)。パレット部分を追加すれば簡単なエディタになります。

StateMachine Diagram

State は Container にしたので、作り込むと状態のネスト構造も記述できるのですが、お試しということでご勘弁ください。最後に Activity 図を試して、今回のシリーズを終了します。

Eclipse Sirius で遊ぶ #2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中