Eclipse Sirius で遊ぶ #3

このシリーズの最終回です。Activity 図が書けるか試してみました。State machine の時と同様に OMG の仕様を調べたところ、Activity 周りは次のような定義になっていました(もちろん、今回も少し単純化しています)。

ActivityModel

実はこの構造は昔から DSL でネットワーク図を描く例題として馴染みのものです。そういうこともあり、かなり簡単にできてしまいました。

Activity Diagram

Buyer-Seller-Shipper の業務フローです。実線はコントロールフロー、点線はオブジェクトフローのつもりです。一箇所 UML 仕様に違反している部分もありますが(分かるでしょうか?)このような感じのダイアグラムエディタが簡単に作れるというデモンストレーションということで目をつむっていただければと思います。

クラス図、状態遷移図、アクティビティ図という三種類について、単純化したものであれば Sirius を活用して短時間でグラフィカルエディタが作れるということを示してみました。実際に現場で使う場合、モデルエディタだけでなくコード生成もセットで必要になりますが、Sirius ベースであれば親和性が良い Acceleo を使うのが良いと思います(どちらもフランスの Obeo 社が提供しているオープンソースです)。

 

Eclipse Sirius で遊ぶ #3

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中