UML Toolsについて

Stack Overflow に Free UML Tool for use という質問があがり、多くの回答が寄せられています。 以前もこの話題について書きましたが、この回答に含まれている次の三つのリストは参考になりそうなので引き写して紹介します。

  1. List of Unified Modeling Language tools
  2. UML Products by Company
  3. UML tools

随分沢山あるものです。 これだけあれば、何か使えるものが見つかるのではないでしょうか。 なお、最初に引用した質問は次のものです。

  1. Free UML Tool for use
UML Toolsについて

Eclipse ModelingにおけるOCLについて

OMG-Eclipse modeling workshop のなかで興味深かったお話の紹介です。 もともとある程度OCLは実現されていたのですが、Ed WillinkさんがXtextを利用したOCLエディタを開発され、それは現在のDistributionの中にも含まれています。 次は説明に使われたスライドです。

  1. OCL Advances and the OCL VM

IndigoでHelp->Install New Software …->”Indigo – http://download.eclipse.org/releases/indigo/”  から “Modeling/OCL Examples and Editors” をインストールすると、このエディタを入れることが出来るということです(その前にOCLのSDKも必要でしょうが)。 関連して、前に書きましたUML 2.5の仕様開発でも使っているとのことで、これからはOCL文をこのツールで検証してから仕様書に掲載するとのことでした。 私もまだエディタを実際に動作させていないのですが、XtextのForumでも名前をみかけるEdさんなので、きちんと動作するだろうと思います。 OCLは始めとっつきにくいところもありますが、慣れると結構使いやすく感じます。 また、Junoになれば OCL VM も入ってくるかもしれません。 そうなれば更に使える道具になると思います。 OCLの気になる方は(Junoを待つのではなく)早めからお試しください。

Eclipse ModelingにおけるOCLについて

EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graphについて

Tasktop  Technologies 社の Mik Kersten さんによる EclipseCon 2012 でのキーノート講演の録画が公開されました。 とても印象的なプレゼンテーションで、いろいろ考えさせられることを含んでいたと思います。 参加されなかった方も(騙されたと思って)是非ご覧ください。

  1. Tasktop Blog » Blog Archive » EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graph.
EclipseCon keynote: The Future of ALM – Developing in the Social Code Graphについて

Xtext入門e-bookについて

日本Xtextユーザ会というのをやっていますが、会のメンバの方と一緒に日本語での入門書を作成しました。 次のベータパブリッシュのサイトから無料でダウンロードできます。

  1. テキスト型DSL開発フレームワーク Xtext 入門

この本を用意した経緯ですが、eclipse/Xtextに関する情報が英語のものしかなく、使えるツールなのに国内で関心を持つ方が少なかったため、せめてとっかかりの部分だけでも楽にしたい、ということから始まりました。 従って初心者向けです。 最初はXtext 1.0ベースで用意していたのですが、途中で2.0が出てきたため(多少なりとも追いつくため記述を追加したため)公開が遅れてしまいました。

サンプルとして、アンケートシステムを考えました。 これはイベントなどの後で、参加者にアンケートに答えて貰うという想定で、アンケート内容を作成するためのXtextベースDSLを用意しました。 とても簡単なものです。 ただ、それだけでは面白くないため、コード生成のターゲットを Google App Engine/Java として、コード生成するとGAE/Jの上のアンケートシステムを作成するようにしました(この部分は私よりずっとプログラマな若い相棒にお願いしました)。 この使い方はXtextにおいてとてもオーソドックスな形態になるため、参考にして頂ければと思います。

Xtextのプロジェクトは現在Xtendというファミリー言語を使いJavaとのインテグレーションに向かっています。 構造面だけでなく振舞い面についてもずっと簡単なテキスト記述が出来、対応する(そして十分読める)Javaコードが同時に生成されます。 EclipseCon 2012ではこれとは違った側面からの使い方についての講演もありました。 いずれにせよ、今後もどんどん進化・変化してゆくツールだと思いますので、時間のある時にダウンロードしご覧頂ければと思います。

Xtext入門e-bookについて

Presentation tools in the browserについて

ソフトウェアアーキテクチャやモデリングと関係ありませんが、DZone の記事の紹介です。 ソフトウェアなど目に見えないものを説明するのに図や文章を交えてのプレゼンテーションが多く行われますし、皆さんもあちこちでプレゼンテーションをされていると思います。

  1. Presentation tools in the browser | Web Builder Zone

MacやPCの世界で多くの人が使う定番のソフトウェアがありますが、クラウド時代ということもあり、プレゼンテーションの作成や実行も近いうちにブラウザ上で行うことになるかもしれません。

Presentation tools in the browserについて

Online IDEについて

Doug Schaefer さんのつぶやきにあった Online JavaScript/HTML IDE  の紹介です。

  1. http://jsbin.com
  2. http://shiftedit.net/

Java であれば eclipse/Orion などもありますし、今後こういった方向に進むのだろうと思います。 モデリングツールでも BPMN エディタなど幾つかこういった形態のものが出ていますが、まだ機能が限定的だったり制約があったりで、今一歩という気がしています。 小規模な開発グループだけでなく、企業においても IT 資産・ライセンス・バージョン管理などを考えると、「ソフトウェア開発環境のクラウド化」は結構現実的なメリットがありそうです。

Online IDEについて