InfoQ: Why Program by Hand in Five Days what You Can Spend Five Years of Your Life Automating?について

InfoQ に掲載された Parser Generator として有名な ANTLR(Xtext も使っています) の作者による講演ビデオです。

  1. InfoQ: Why Program by Hand in Five Days what You Can Spend Five Years of Your Life Automating?

ソフトウェア開発における自動化やDSLについて語っています。 とても興味深い内容です。 この分野に関心のある方は是非どうぞ。

InfoQ: Why Program by Hand in Five Days what You Can Spend Five Years of Your Life Automating?について

Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journalについて

Dr. Dobb’s Journal の記事の紹介で、ここ1年に出版された Software 関連書籍から評価の高いものが6件掲載されています。

  1. Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journal

このタイトルに惹かれる方々はもちろんのこと、エンタプライズ系の仕事をされている方も、最近の傾向を理解するという意味で参考になると思います。

Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journalについて

G*Magazineについて

日本Grails/Groovyユーザーグループが提供するGroovy関連情報誌のご紹介です。 出版関連に携わっている方が参加されているせいか、内容も見た目もハイクオリティです。

  1. JGGUG G*Magazine

現在第2号が公開されたところです。 Groovy/Grails他は(Rubyもそうだと思いますが)、通常モデリングでやっていることをプログラミング言語側からアプローチするとこういうことになるのかな、と思わせる世界を展開します。 なお、もうすぐ(6月?)このグループの方々が執筆されたGroovy入門書が出版されるとのことです。

G*Magazineについて

COBOL – Wikipedia について

COBOL が Common Business-Oriented Language の略だということをご存じの方はどれくらいおられるのでしょう。 設計当時の意気込みが感じられるネーミングだと思います。

  1. COBOL – Wikipedia, the free encyclopedia
もし現在、当時と同じような志を持ってビジネス指向の言語を作るとしたら、どんなものになるのでしょうか? 言語といってもプログラミング言語にはならないかもしれません。 ひょっとしたらXMLスキーマでしょうか。 それともモデリング系でしょうか。 それとも携帯向けの何かでしょうか。 改めて考えてみると楽しいと思います。
COBOL – Wikipedia について

Silver Smalltalkについて

過去に1件だけ関連ポストを書いただけなのですが、このブログサイトを訪問して下さる方の中には Smalltalk というキーワードで来られる方がおられます。 興味深いプロジェクトを見つけましたので紹介します。 Jean Bezivin 先生のつぶやきにあった情報です。

  1. Silver Smalltalk (blog site)
  2. Silver Smalltalk (in action)
  3. Google Group on Silver Smalltalk

Google Group にある説明によれば

“Silver Smalltalk is an implementation of the Smalltalk-80 language for Microsoft .Net.”

ということになっています。 ブログサイトを見ると、どんどん進化している状況が分かります。

Silver Smalltalkについて

Domain-Specific Language Engineering bookについて

Eelco Visser さんと Markus Voelter さんが共同で DSL Engineering 本の執筆を開始したというつぶやきを見つけました。

  1. Domain-Specific Language Engineering

現時点では Introduction (上の URL で原稿を読むことが出来ます)が出来ているだけだそうですが、かなり実践的な本になりそうです。 DSL に関心をお持ちの方は時々でものぞきに行くと良いと思います。

Domain-Specific Language Engineering bookについて

Groovyについて

音楽の話ではなく、プログラミング言語の話です。 Javaは使えるけれどGroovyは知らないという方もおられるかもしれませんので、JGGUGの中心メンバの一人の上原さんのスライド(slideshare)をご紹介します。 興味深い内容がつまっています。

  1. Easy Going Groovy(Groovyを気軽に使いこなそう)

しばらく前の

  1. Writing Domain Specific Languages (DSLs) using Groovyについて

というポストで紹介した Groovy を使った DSL 作成のスライドのなかでも Groovy 言語の紹介はありましたが、こちらは日本語のスライドですのでもっと入り易いと思います。 個人的には言語の名前の一部に “Java” を入れておけばもっと早く広まっていたのではと思っています。

Groovyについて