Eclipse Modeling 勉強会について

先週金曜日(12月7日)の夜に東京で Eclipse Modeling 勉強会 を開催しました。 夕刻の地震でどうなるか心配でしたが、10名程度のこのテクノロジに関心を持つ方々が集まり、楽しい時間を持つ事が出来ました。

私は二つの話をしました。一つ目はご挨拶代わりのもので、勉強会をやってみようとした経緯、eclipse と modeling のつながり、そして OMG 仕様と eclipse 実装の関連などについてです。二つ目の話は DSL についての話で、特に GMF と Xtext の利用についてのものです。

勉強会実施の相方をやって頂いた細合さんから Eclipse Modeling Project の全体像のお話、大島さんから MDA と Acceleo を使った実システムへの MDA 適用経験のお話、奥村さんから欧州の研究プロジェクトと Eclipse Modeling Project との関係についてのお話、など興味深いものが並びました。

この勉強会はこれが最初で最後という訳でなく、これからも機会があれば実施する予定です(次は2月頃と勝手に考えています)。そのために、Xtextユーザ会と同様にメーリングリストとサイトをもうけました。

このテーマに関心を持って頂ける方の参加をお待ちしています。 なお、サイトの方に私の発表で触れた情報を多少書き込んであります。

Eclipse Modeling 勉強会について

“Model-driven Software Engineering in Practice” book について

Model-driven Software Engineering in Practice という書籍についての紹介です。

ざっと目を通しただけなのですが、OMGのMOF/UML etc. から eclipse modeling project に含まれる(非公式なものも含め)モデル駆動ソフトウェアエンジニアリング(MDSE)系のプロジェクト・話題について広く説明しており、これまで(Webページとしてはありましたが)本としては深く書かれていなかった領域を活字にしたものだと思います。 多少読みにくい部分もあったりしますが、この領域に関心を持つ人には参考になる本だと思います。

ご参考までに、この本のサイトもあります。

“Model-driven Software Engineering in Practice” book について

The 11th Workshop on Domain-Specific Modelingについて

Splash Conference の一部として開催された DSM Workshop のページの紹介です。

  1. The 11th Workshop on Domain-Specific Modeling
DSM は DSL を使ったモデリングということになると思います。 このページには、全部かどうか分かりませんがプレゼンテーション資料や Proceedings のページの URL も掲載されています。 DSL を用いたモデリングに興味のある方はのぞかれてはどうでしょうか?
The 11th Workshop on Domain-Specific Modelingについて

60-day Public Review for OASIS Reference Architecture Foundation for Service Oriented Architectureについて

今朝はSteve Jobs氏のニュースが大きく取り上げられていますが、初代からのMacユーザとしては一時代が終わったようでさびしい限りです。 さて、OASISが策定を進めていたSOAの参照アーキテクチャのパブリックレビューが始まったというニュースの紹介です。

  1. 60-day Public Review for OASIS Reference Architecture Foundation for Service Oriented Architecture (SOA-RAF) | OASIS

概念記述ですので読みにくいとは思いますが、一言でSOAといってもこれだけの概念群とつながっているのだということが見えて興味深いと思います。 これが出来たらクラウドの世界に展開してゆく計画なのでしょうか?

備考) InfoQ の本件関連記事です。

  1. Reference Architecture Foundation for Service Oriented Architecture Review announced by OASIS
60-day Public Review for OASIS Reference Architecture Foundation for Service Oriented Architectureについて

Merks’ Meanderings: Xcore: Coolness Rebornについて

eclipse EMF の Ed Merks さんのブログポストの紹介です。

  1. Merks’ Meanderings: Xcore: Coolness Reborn

Xtext チームと合同で EMF のXtext化、つまり EMF の構造定義を Xtext 2.0 ベースのテキスト型エディタで書けるようにし、その中で Expression Language の Xbase を使えるようにしよう(Xtend2も使えるようです)というプロジェクトを始めたということのようです。 うまく行くことを期待していますが、EMF の Property Editor で見える属性の数は結構多いという事実が少し気になります。

Merks’ Meanderings: Xcore: Coolness Rebornについて

Language Workbench Competition 2011について(2)

Johan den Haan さんによる参加報告です。

  1. Language Workbench Competition 2011

今後もっと出てくると思いますが、まずはこれをご覧ください。

補足) やはり出てきました。

  1. Language Workbench Competition Workshop 2011
  2. Highlights from LWC 2011: Language Workbench Competition 2011 (co-located with Code Generation 2011)
  3. Code Generation 2011: a personal review

補足2) 発表スライドが公開されました。

  1. SPEAKER SLIDES
Language Workbench Competition 2011について(2)

Language Workbench Competition 2011について

明日から3日間開催される

  1. Code Generation 2011

というイベントの中で Language Workbench の競演があります。

  1. Language Workbench Competition 2011
ここでは同じ課題に対して幾つもある Language Workbench (例えばXtext, MPS, MetaEdit+, Spoofaxなど)が我々ならこのように扱う、というものを出して競い合うものです。 日本でどれだけの方が興味を持たれているか分かりませんが、具体的な解決方法が示されていて個人的にはとても興味深いサイトになっています。
Language Workbench Competition 2011について

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

Markus Voelter さんが昨日つぶやいていた話が早速 InfoQ の記事になっていました。 MDD や DSL に関する見解をまとめたペーパーを書いて2.5年程経過するため、中身を現状にあうように更新したということでした。

  1. InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

この世界に関心をお持ちの方は是非オリジナルのペーパーをご覧ください。

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions

InfoQ の記事の紹介です。

  1. InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions

Language Workbench という言葉はご存じかと思いますが、MDSD/DSL などを実現する環境のようなもので、詳しくは Martin Fowler さんのブログ等をご覧ください。

  1. Language Workbenches: The Killer-App for Domain Specific Languages?

そして、この方向を向いているツールを集め同じ課題を与えどう解決するかを見比べてみようという Competition が企画されています。 このカテゴリーにはここに名前の挙がっているようなツールがあるのですが(他にもあります)、どれだけご存じでしょうか。

InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions

Can EA Data be independent of the Metamodel? – MSDN Blogs

Can EA Data be independent of the Metamodel? – Inside Architecture – Site Home – MSDN Blogs.

以前 EBMM (Enterprise Business Motivation Model) についてブログでいろいろ書かれた Nick Malik さんによる新たな提案を紹介するポストです。 ボトムアップ的にいろいろなMetamodelを集めてEAにアプローチする方法と、トップダウン的に大きなアーキテクチャフレームワークを設けて詳細に展開してゆくEAのアプローチと二つのグループがあるようだが、どちらも欠点があるため、これらのどちらでもない考え方を提案するというものです。 OMGのAE SIGの議論(Federated Modeling)とも共通する点があるように思います。 関心を持たれた方は続きを原文をお読みください。

Can EA Data be independent of the Metamodel? – MSDN Blogs