What Language Does the Cloud Speak, Now and In the Future?について

Cloud Computing の世界での相互運用性を実現する標準 API がどうなりそうか、というあたりを考察した興味深いブログポストがありました。

  1. What Language Does the Cloud Speak, Now and In the Future?

Inter-cloud が必要になるのは当然ですが、まだまだ時間が必要だろうと思います。 それに向けて API やプロトコル標準を準備しておくのは正しい対応なのでしょう。

What Language Does the Cloud Speak, Now and In the Future?について

ProgrammableWeb.comについて

以前、次のポストでSOAの次はCloud Computing?ということを話題にしました。

  1. EAI -> SOA -> Cloud Computing?

興味深い記事が多いInfoqを眺めていたところ次のようなエントリを見つけました。これは上に書いた意味で、SOAの発展形としてのCloud Computingの一部分と思われるMashup用APIの登録場所を提供している

  1. ProgrammableWeb.com

の創設者による

  1. Open APIs: State of the Market

というプレゼンテーション(ビデオ)です。ProgrammableWebを言葉で紹介をするより、実際のサイトとこのビデオを見てもらう方が良いと思います。ちょっと長いのですが、興味深いデータがいろいろ紹介されています。Cloud Computingといってもその言葉の意味するところはまだ幅があり、これらのAPIsをCloudに分類するのはおかしいという意見もあるかもしれませんが、私は余り分類学にこだわりたくありません。Scalabilityが必要ならそういうAPIsを使えばよく、企業の内部的なサービスも含め、APIsの組み合わせを工夫することで(新時代のアーキテクチャ?)もう一段上の新たな機能・サービスが生み出せればそれで良い、と現実的に考えています。もちろん、データやセキュリティなど課題が残されていることは認識しています。

なお、これを紹介しながらもどれだけのAPIsが日本語に対応しているのだろうと気になりました。

ProgrammableWeb.comについて