Eclipse Modeling 勉強会について

先週金曜日(12月7日)の夜に東京で Eclipse Modeling 勉強会 を開催しました。 夕刻の地震でどうなるか心配でしたが、10名程度のこのテクノロジに関心を持つ方々が集まり、楽しい時間を持つ事が出来ました。

私は二つの話をしました。一つ目はご挨拶代わりのもので、勉強会をやってみようとした経緯、eclipse と modeling のつながり、そして OMG 仕様と eclipse 実装の関連などについてです。二つ目の話は DSL についての話で、特に GMF と Xtext の利用についてのものです。

勉強会実施の相方をやって頂いた細合さんから Eclipse Modeling Project の全体像のお話、大島さんから MDA と Acceleo を使った実システムへの MDA 適用経験のお話、奥村さんから欧州の研究プロジェクトと Eclipse Modeling Project との関係についてのお話、など興味深いものが並びました。

この勉強会はこれが最初で最後という訳でなく、これからも機会があれば実施する予定です(次は2月頃と勝手に考えています)。そのために、Xtextユーザ会と同様にメーリングリストとサイトをもうけました。

このテーマに関心を持って頂ける方の参加をお待ちしています。 なお、サイトの方に私の発表で触れた情報を多少書き込んであります。

広告
Eclipse Modeling 勉強会について

Eclipse Modeling Meet-up in Tokyo

ちょっとしたお知らせをさせて貰います。

12月7日(金曜日)夜に東京で

  1. Eclipse Modeling 勉強会

を開催予定です。 国内にこのあたりの情報交換をする場が無いなと思っていましたので、試しに一度開催してみようということです。 話題としては、例えばEMF, GMF, Xtext, SCA, BPMN, UML などに関連した話や、これらを利用したエディタやアプリ開発の経験談などで、Eclipse と Modeling がキーワードです。

ご関心をお持ちの方は上のページをご覧ください。

Eclipse Modeling Meet-up in Tokyo

GMF でグラフィカルDSLを簡単に作成する方法について

ここ数回ですが本ブログに GMF を使って作成したダイアグラムを掲載しました。これらをどう作成したのか、簡単な例を使いメモにして公開しました。 次のページにPDFファイルで掲載しましたので興味のある方はご覧ください。

  1. Graphical DSLs

ご意見やコメントが頂ければ幸いです。

備考)ちなみに Xtext でサンプルのネットワーク DSL を書くと次のような感じでしょうか。

grammar org.xtext.example.nwdsl.NwDsl with org.eclipse.xtext.common.Terminals
generate nwDsl "http://www.xtext.org/example/nwdsl/NwDsl"

Model:
'network' name=ID '{'
elements+=Element*
'}'
;
Element:
Node | Link
;
Node:
'node' name=ID
;
Link:
'link' name=ID '{'
'from' source=[Node|ID]
'to' target=[Node|ID]
'}'
;

GMF でグラフィカルDSLを簡単に作成する方法について

ODP Enterprise Language Editorに向けて

現在Policy/Obligationまわりについて改訂作業中のEnterprise LanguageのドラフトをもとにしてEnterprise Language Editorを試作中です。先日のポストに引き続きGMFを利用しています(Xtext版も並行して取り組んでいます)。次が現状のGMF版サンプル図です。

Image

 

備考)このやり方でやると、例えば BMM (Business Motivation Model) 用のグラフィカルエディタも出来ます。

ODP Enterprise Language Editorに向けて

久しぶりのGMFについて

気まぐれなのですが、久しぶりにGMFに触れてみました。EMF+GEFを直接使うよりよほど良いのですが、それでも面倒なことが多いため、結構長い間Xtextで遊んでいました。そういえばどちらもDSL開発環境で、グラフィカルDSLとテキスト型DSLといった違いしかありません。

プロジェクトの作成はGraphical editor projectを選択するようになっていました。何をするかですが、NodeとLinkからなるNetworkです。

Ecoreファイルの作成は昔と同じようにEcore ToolsでUMLのクラス図を書くようにできます。

genmodel, gmfgraph, gmftool も昔通り。快調です。gmfmapを作り、gmfgenを生成しダイアグラムのコードを生成。そしてRunしたところ問題に遭遇しました。Nodeは大丈夫なのですが、Linkのラベル表示が出来ませんでした。昔と同じようにしたのですが、何が違うのでしょう。

ということで、理由が分かるまでこのまま寝かせておくことにします。もし何かご存知の方がおられたらヒントでもお願いします。全般的には昔より楽になっている印象です。

補足)その後、次の図まで進みました。やはりグラフィカル要素の扱いは易しくないですね。

久しぶりのGMFについて