MD*: The Model-Driven Star blog: IFML is now adopted and published by OMG, Wikipedia, and YouTubeについて

Marco Brambilla さんのブログポストの紹介です。IFML については以前少し書いたと思いますが、OMG の標準化プロセスをうまく通り抜けたようです。

  1. MD*: The Model-Driven Star blog: IFML is now adopted and published by OMG, Wikipedia, and YouTube

仕様書を読んでもイメージを把握することが出来なかったのですが、上のページに YouTube のリンクがあり、それで分かり易くなりました。 GUI モデルを作成する過程でデータモデルを埋め込んで作成してしまうということのようです(ちょっと「微妙」なところです)。 ただ、これが OMG 標準となり、同じく標準のテキスト変換と組み合わせてJavaコードが出来上がるのを見るのは「何となくうれしい」ですね。 ビジネスロジックはどうするのだろうと思いますが、仕様書のどこかに書かれているのでしょう。

 

広告
MD*: The Model-Driven Star blog: IFML is now adopted and published by OMG, Wikipedia, and YouTubeについて

OMG Updates UML Standard, Issues New Healthcare Specification at California Meetingについて

久々に OMG が TC 会議終了後すぐにプレスリリースを出しました。

  1. OMG Updates UML Standard, Issues New Healthcare Specification at California Meeting

新たに採択された仕様として

  1. UML Specification Simplification
  2. Healthcare Community Services Provider Directory

の二つがあるそうです。特に気になるのは前者です。UML の外部仕様はそのままに内部構造を見直しシンプルにするという努力の結果となっている筈です。どの程度目標に近づいたのか、ゆっくり確認する必要があります。後者の仕様については日本でも使えるものなのかどうかが気になります。

この二つ以外では次の改訂が認められたようです。

  • Asynchronous Method Invocation for CCM
  • Interface Definition Language (IDL) to C++11 Language Mapping (IDL2C++11)
  • Second Alf 1.0
  • Second SMOF
  • RUBY CORBA Language Mapping 1.2 (RCLM)
  • UML Testing Profile 1.2

モデリング系では Alf , SMOF, UML Testing Profile の三つですが、Alf については改訂内容をみておいた方が良さそうです。CORBA/CCM 系も改訂が続いていますね。

OMG Updates UML Standard, Issues New Healthcare Specification at California Meetingについて

Interaction Flow Modeling Languageについて

Interaction Flow Modeling Language というのは OMG で策定中の(つまり作業中の)新しい標準モデリング言語です。公開されているのは RFP 文書だけですが、探すともう少し出てくると思います。 エントリーポイントは

  1. Interaction Flow Modeling Language

が良いと思います。 これは、いわゆる Web Application のUIインタラクションのあたりをきちんと記述する言語と見受けられます。 推進しているところ(会社)がこういった領域もカバーする商用ツールを持っているため、そこから発展させた仕様のようです。 EMF/GMFを使って作成したプロトタイプもあるようです。 従来の良くある CRUD 型のインタフェースより深い事は間違いないのですが、ここまで標準化が必要と感じるかどうか意見の分かれるところかもしれません。 興味のある方は上の URL と RFP文書(最初の2枚と6章)をご覧ください。

Interaction Flow Modeling Languageについて

Eclipse Modeling 勉強会について

先週金曜日(12月7日)の夜に東京で Eclipse Modeling 勉強会 を開催しました。 夕刻の地震でどうなるか心配でしたが、10名程度のこのテクノロジに関心を持つ方々が集まり、楽しい時間を持つ事が出来ました。

私は二つの話をしました。一つ目はご挨拶代わりのもので、勉強会をやってみようとした経緯、eclipse と modeling のつながり、そして OMG 仕様と eclipse 実装の関連などについてです。二つ目の話は DSL についての話で、特に GMF と Xtext の利用についてのものです。

勉強会実施の相方をやって頂いた細合さんから Eclipse Modeling Project の全体像のお話、大島さんから MDA と Acceleo を使った実システムへの MDA 適用経験のお話、奥村さんから欧州の研究プロジェクトと Eclipse Modeling Project との関係についてのお話、など興味深いものが並びました。

この勉強会はこれが最初で最後という訳でなく、これからも機会があれば実施する予定です(次は2月頃と勝手に考えています)。そのために、Xtextユーザ会と同様にメーリングリストとサイトをもうけました。

このテーマに関心を持って頂ける方の参加をお待ちしています。 なお、サイトの方に私の発表で触れた情報を多少書き込んであります。

Eclipse Modeling 勉強会について

UML Profile for NIEMについて

OMGで標準化が進められている活動の紹介です。 NIEMというのは米国の National Information Exchange Model で、政府や州や民間の間で情報交換を行う際の語彙の標準化だそうです。 そのベータ版#1がレビューのために公開されたということなので、ちょっと眺めてみました。

  1. UML Profile for NIEM beta 1

かなり複雑な仕様です。 内容の詳細はさておき、OMGの政府向けの仕様ということで、これがいったいどんな構成になっているかをみてみます。するとMDA的な整理になっており、PIM/PSM/Platformの各仕様が並んでおり「これらの間の対応付けをQVToで書いた変換ルール」として提供しています。 OMGでもこういった形式の仕様は初めて見るように思います。 個人的な印象ですが、対象範囲が広く政府のプロジェクトとも多分関連すると思われるため、上から下に向けての変換を厳密にするための工夫ではないかと思いました。 国によって事情が違うと思いますが、こういう仕様を公開すれば情報交換の質はきっと上がると思います。 この構成についての考え方だけでも参考になるのではないでしょうか。

UML Profile for NIEMについて

OMG Members Initiate New Specifications for UML Profile for Clinical Models; and RPC Over DDSについて

最近まったく OMG 活動ができていないのですが、先日あった TC 会議についてのリリースが出ていましたのでご紹介します。

  1. OMG Members Initiate New Specifications for UML Profile for Clinical Models; and RPC Over DDS.

あちこちの分野で活発な活動があります。 ドメイン側では最近特に政府系と医療系の活動が目立っています。 多分米国政府の予算がついた活動がこれらを引っ張っているのだろうとは思いますが、どちらも我が国でも重要な課題を取り扱っていますので、単なる標準化とか所詮よその国のこと、などと捉えるのは違うと思っています。 対応する国内の活動主体がどうもはっきりしませんが、意識をお持ちの方は最低でもフォローはしておく必要があると考えます。

他では、産総研の方々が頑張っておられるロボット分野の活動、日本の自動車メーカさんが進めているシステムアシュアランス、そしてUML単純化や拡張が目につきます。 一昔前のようなミドルウェアプラットフォームの標準化の場ではなくなっています(部分的に残っています)が、Soley会長が常に新たな分野を呼び込まれているため、まだまだ活動は続いて輸行くものと感じています。

OMG Members Initiate New Specifications for UML Profile for Clinical Models; and RPC Over DDSについて

OMG-Eclipse modeling workshopについて

昨日一件紹介しましたが、 OMG-Eclipse modeling workshop のイントロ部分について紹介します。

これは2年に一度程度開催されるイベントで、モデリングの標準仕様を策定している OMG と、その仕様をオープンソースとして開発している eclipse の間の連絡会的なものです。 そうは言っても、この2者間の関係について余りご存じない方が多いと思いますので、しょっぱなに進行を務めた Ed Willink さん(Mr. OCLです)がその関係を整理してくれたスライドがありますので、それを見てください。

  1. OMG Specification and Eclipse Project Overview

OMGの一般的な紹介まで含まれていますが、特にOMGのモデリング仕様とeclipse modeling projectの間の関係を示す図にご注目ください。 一般的に思われている以上に関係が深いことが分かると思います。

OMG-Eclipse modeling workshopについて