電子書籍を出しました or my new e-book is available

English text follows after Japanese text below.

本ブログでもこれまで多くのEclipse Modeling Projectの話題を書いてきましたが、ほとんどすべてが断片的な記述だったと思います。宣伝になってしまい恐縮ですが、この度これらを整理し電子書籍として出版致しましたのでご紹介します。

タイトルは「Eclipse Modeling Tools 入門」でURLはこちらです。

概略目次を下に掲載します。この本ではEclipse環境に構築されたモデリングツール全体像の紹介を行い、使えるEclipseコンポーネント(EMF, Xcore, EcoreTools, Sirius/Obeo Designer, Xtext/Xtend, Papyrus/Papyrus-RT, TextUML, Acceleo, EMF Forms, Yakindu他)の簡単な紹介とベーシックな操作方法を説明します。

  • 序文(Eclipse のMike Milinkovich氏に書いて頂きました)
  • 1 イントロダクション
  • 2 モデリング言語の作成
  • 3 モデルエディタの作成
  • 4 モデルエディタを用いたモデルの作成
  • 5 モデルからコードへの変換
  • 6 コードからモデルへの変換
  • 7 モデルの妥当性確認
  • 8 Eclipse Modeling Projectの動向
  • 9 まとめ
  • 最後に
  • 付録 リファレンス

この電子書籍を書く作業をして改めて思ったことは「Eclipse Modelingというエコシステムを作り上げてくれた全ての人・企業に感謝します」ということです。


I have been working on organizing collections of my blog posts by adding some more explanation and topics about Eclipse Modeling.

My new e-book “Introduction to Eclipse Modeling Tools” (in Japanese) is available on Amazon. It presents overview of Eclipse Modeling, and explains basic usage of EMF, Xcore, EcoreTools, Sirius/Obeo Designer, Xtext/Xtend, Papyrus/Papyrus-RT, TextUML, Acceleo, EMF Forms, Yakindu etc.  The TOC looks like the following.

  • Foreword by Mike Milinkovich
  • 1 Introduction
  • 2 Creating Modeling Languages (or Ecore models)
  • 3 Creating Model Editors
  • 4 Creating Models with Model Editors
  • 5 Transforming Model into Code
  • 6 Transforming Code back to Model
  • 7 Useful Tool for Model Validation
  • 8 New Direction(?) of Eclipse Modeling Project
  • 9 Summary
  • References

Thank you very much for all the people/companies contributed to this valuable Eclipse Modeling ecosystem!

広告
電子書籍を出しました or my new e-book is available

EclipseCon France 2017 参加報告会を開催します

モデルベースソフトウェア開発コミュニティ という活動をしているのですが、ここ1年ほどほとんどイベント企画ができていませんでした。反省しています。

沈黙を破って、8月1日に、先日参加してきました EclipseCon France 2017 の参加報告会 を開催します。それなりの目的を持って参加したのですが、報告会となるとまず EclipseCon でどんな話題があったのかを広く(紙芝居的になってしまいそうですが)お話した方が良いだろうと考えています。なお今回はデモをお見せする時間を取れそうもありません。

カバーする主な話題は、MBSE の仕組みを構築する際に大いに利用できる Xtext, Sirius, Papyrus-RT, Capella 周りの発表内容などになります。ヨーロッパ方面では歴史があり今も活発に活動が続けられている分野です。日本から参加したのは私だけのようですので、もしご都合がつくようであればお立ち寄りください。

EclipseCon France 2017 参加報告会を開催します