Computer Standards & Interfaces | Vol 35, Issue 3について

RM-ODP 関連の話題です。Computer Standards & Interfaces というジャーナルで  RM-ODP の特集がでました。タイトルは “RM-ODP: Foundations, Experience and Applications” です。

大学や企業の方くらいしかアクセス出来ないかもしれませんが、上の URL からでも Abstract 程度は読めます。適用例も含まれていますので興味をもたれた方は「アクセスできる場所を探して」ご覧ください。

Computer Standards & Interfaces | Vol 35, Issue 3について

ODP Enterprise Language Editorに向けて

現在Policy/Obligationまわりについて改訂作業中のEnterprise LanguageのドラフトをもとにしてEnterprise Language Editorを試作中です。先日のポストに引き続きGMFを利用しています(Xtext版も並行して取り組んでいます)。次が現状のGMF版サンプル図です。

Image

 

備考)このやり方でやると、例えば BMM (Business Motivation Model) 用のグラフィカルエディタも出来ます。

ODP Enterprise Language Editorに向けて

Is BOA the New SOA? – Insurance Networking Newsについて

BOA: business-oriented architecture についてのお話です。保険業界系の IT 関連記事の紹介です。

  1. Is BOA the New SOA? – Insurance Networking News

実際に SOA を業務システムに適用しようとすると、やはりビジネスよりの仕様を明確にした上で SOA を利用することになりますが、そのあたりの必要性を BOA という言葉で表しているようです。その特徴として

  • implementation independence
  • location independence
  • contracts

を挙げていますが、RM-ODP の Enterprise Language に通じるところもあります。現実に即した Enterprise Architecture やビジネスモデリングのすすめかもしれませんが「必要なものは必要」ということではないでしょうか。

Is BOA the New SOA? – Insurance Networking Newsについて

Book: Building Enterprise Systems with ODPについて

執筆に参加していましたRM-ODP本がやっと出版されたようです。

  1. CRC Press Online – Book: Building Enterprise Systems with ODP

上は出版社のサイトですが Amazon にも掲載されています。 次のサイトにもう少し詳しい内容紹介があります。

  1. Building Enterprise Systems with ODP

国際標準のビューポイントに基づくシステム設計とUMLを利用したODPモデル表現に興味を覚えられる方はURLだけでもご覧ください。

ODP book cover
Book: Building Enterprise Systems with ODPについて

InfoQ: Hadoop Redesign for Upgrades and Other Programming Paradigms

InfoQ の Hadoop に関するの紹介です。 内部構造の見直しが検討されているという内容ですが、少なくともここにある図に出て来る要素群は RM-ODP の Engineering Language で標準化している要素ととても類似性が高いように見えます。 RM-ODP の Engineering Language は利用者に分散(この場合は Cloud 側 での MapReduce 機能など)を意識させないためのメカニズムを記述するためのツールですので、内部構造の議論になると自然に似てくるようです。

  1. InfoQ: Hadoop Redesign for Upgrades and Other Programming Paradigms.
InfoQ: Hadoop Redesign for Upgrades and Other Programming Paradigms

From Gaithursburg

ノンカテゴリーです。

現在、米国MaryLand州のGaithursburgというところに来ています。 目的は標準化の会議に参加することですが、もうひとつ別の目的もあります。 RM-ODPの入門書を書くプロジェクトに参加しているのですが、著者4名のうちの3名がここに終結することになり、最後のレビューの場として利用させて貰っています(もちろん標準化会議終了後の自由時間帯にです)。

標準化の会議の方はいつものメンバーにポーランドからの参加者が加わり、多少フレッシュな感覚で議事が進行しています。 話してみて分かったのですが、この方はLinkedInのあるグループで以前(標準自体をモデル表現したいという案について)議論したことのある方でした。 興味深いめぐりあわせです。

昨日はハイレベルなポリシー・オブリゲーションのモデル化の議論で盛り上がりました。 今日はOMG関連の話題で時間をとりそうです。

いつものことですが、日本から大勢の参加者がみえています。 何か面白い話があればまたポストします。

なお、本の方は最後の仕上げの段階なのですが、時々本質的な問題が現れることもあり、もう少し時間が必要のようです。

From Gaithursburg

Special issue of the Computer Standards & Interfaces Journal on RM-ODPについて

Computer Standards & Interfaces というジャーナルをご存じでしょうか。 通信関連の業務に携わっていた頃、通信プロトコル標準関連の論文を探して良く手に取ったものでした。 今度、このジャーナルでRM-ODP特集号を組んでくれることになりました。次が投稿のお誘い(Call for Papers)です。

  1. CALL FOR PAPERS – The COMPUTER STANDARD & INTERFACES journal Special Issue on “THE REFERENCE MODEL OF OPEN DISTRIBUTED PROCESSING: FOUNDATIONS, EXPERIENCES AND APPLICATIONS”

時間的に多少余裕はありますので何か書いてみようかと思っています。 関心をお持ちの方は是非ご検討下さい。

Special issue of the Computer Standards & Interfaces Journal on RM-ODPについて

INTAPについて(2)

以前INTAPの報告書などにアクセス出来なくなっている現状について書きましたが、オープンシステムモデリング技術委員会関連の報告書については次のような場所を設け公開することになりました。

  1. INTAP ODP Alumni

いまのところ各年度の報告書だけを掲載してあります。以前のデータが入手できれば追加も考えます。

INTAPについて(2)

SOA and the Zachman Frameworkについて

ZapThink 社の RONALD SCHMELZER さんの書かれた記事の紹介です。

  1. SOA and the Zachman Framework

Zachman Framework を使い SOA について改めて考えてみるという内容です。 更に、この記事に関する Joe McKendrick さんのブログポストもあります。

  1. Enterprise architecture and SOA convergence: via the Zachman Framework

RM-ODP も Zachman Framework と類似の Viewpoint という考え方があり、その枠組みの中に SOA の S をどう位置付けるか議論したことがあります(次の版のRM-ODP標準に含まれるはずです)。 その時の結果も上の議論に近いものでした。

通常 Frameworks というものをうまく利用すると物事の整理に役立ちますが、SOA についても適用できるという話です。 次は Cloud Computing に適用するのでしょうか。

SOA and the Zachman Frameworkについて