電子書籍を出しました or my new e-book is available

English text follows after Japanese text below.

本ブログでもこれまで多くのEclipse Modeling Projectの話題を書いてきましたが、ほとんどすべてが断片的な記述だったと思います。宣伝になってしまい恐縮ですが、この度これらを整理し電子書籍として出版致しましたのでご紹介します。

タイトルは「Eclipse Modeling Tools 入門」でURLはこちらです。

概略目次を下に掲載します。この本ではEclipse環境に構築されたモデリングツール全体像の紹介を行い、使えるEclipseコンポーネント(EMF, Xcore, EcoreTools, Sirius/Obeo Designer, Xtext/Xtend, Papyrus/Papyrus-RT, TextUML, Acceleo, EMF Forms, Yakindu他)の簡単な紹介とベーシックな操作方法を説明します。

  • 序文(Eclipse のMike Milinkovich氏に書いて頂きました)
  • 1 イントロダクション
  • 2 モデリング言語の作成
  • 3 モデルエディタの作成
  • 4 モデルエディタを用いたモデルの作成
  • 5 モデルからコードへの変換
  • 6 コードからモデルへの変換
  • 7 モデルの妥当性確認
  • 8 Eclipse Modeling Projectの動向
  • 9 まとめ
  • 最後に
  • 付録 リファレンス

この電子書籍を書く作業をして改めて思ったことは「Eclipse Modelingというエコシステムを作り上げてくれた全ての人・企業に感謝します」ということです。


I have been working on organizing collections of my blog posts by adding some more explanation and topics about Eclipse Modeling.

My new e-book “Introduction to Eclipse Modeling Tools” (in Japanese) is available on Amazon. It presents overview of Eclipse Modeling, and explains basic usage of EMF, Xcore, EcoreTools, Sirius/Obeo Designer, Xtext/Xtend, Papyrus/Papyrus-RT, TextUML, Acceleo, EMF Forms, Yakindu etc.  The TOC looks like the following.

  • Foreword by Mike Milinkovich
  • 1 Introduction
  • 2 Creating Modeling Languages (or Ecore models)
  • 3 Creating Model Editors
  • 4 Creating Models with Model Editors
  • 5 Transforming Model into Code
  • 6 Transforming Code back to Model
  • 7 Useful Tool for Model Validation
  • 8 New Direction(?) of Eclipse Modeling Project
  • 9 Summary
  • References

Thank you very much for all the people/companies contributed to this valuable Eclipse Modeling ecosystem!

広告
電子書籍を出しました or my new e-book is available

EclipseCon France 2017 参加報告会を開催します

モデルベースソフトウェア開発コミュニティ という活動をしているのですが、ここ1年ほどほとんどイベント企画ができていませんでした。反省しています。

沈黙を破って、8月1日に、先日参加してきました EclipseCon France 2017 の参加報告会 を開催します。それなりの目的を持って参加したのですが、報告会となるとまず EclipseCon でどんな話題があったのかを広く(紙芝居的になってしまいそうですが)お話した方が良いだろうと考えています。なお今回はデモをお見せする時間を取れそうもありません。

カバーする主な話題は、MBSE の仕組みを構築する際に大いに利用できる Xtext, Sirius, Papyrus-RT, Capella 周りの発表内容などになります。ヨーロッパ方面では歴史があり今も活発に活動が続けられている分野です。日本から参加したのは私だけのようですので、もしご都合がつくようであればお立ち寄りください。

EclipseCon France 2017 参加報告会を開催します

モデルベースソフトウェア開発コミュニティの集まりのお知らせ

数日後ですが、9月1日(火曜日)の19時からこんなイベントを行います。

これまでこのコミュニティで勉強会や小規模なワークショップ・ハンズオンを何度か実施してきましたが、今後の活動(案)について前振り的な説明を行い、皆さんのご意見を頂きたいと思います。

当日は、私が前振りの前振りという全般的なお話をさせて貰い、次に今後のワークショップやハンズオン候補である:

  • コード生成技術(Acceleo)
  • DSL技術(テキストベース(Xtext)とダイアグラムベース(Sirius)の二種類)

について3名で紹介をします。各紹介にはそれぞれの技術的な概要説明も含まれると思います。

もちろんこれが全てという訳ではなく、モデリング手法の話、Executable UML 的な話、他も候補として想定していますが、(コミュニティ活動ですので)これらの説明をインプットにして方向性について考える場にしたいと思っています。

このコミュニティ活動に関心をお持ちで、当日ご都合がつく方は是非参加をご検討下さい。

モデルベースソフトウェア開発コミュニティの集まりのお知らせ

Video and slide (InfoQ): Arduino Designer: the Making of!

前回に引き続き、 EclipseCon NA2015 で実際に聴講したセッションから、Arduino Designer の作り方といった感じの、とても興味深いセッションについて InfoQ に動画とスライドが掲載されていますので紹介します。

講演されたのは Obeo 社の Melanie Bats さんという女性の方で、Arduino というマイクロプロセッサを使い猫の模型を動作させるモデルベースソフトウェア開発システムを、Sirius と Acceleo を使って構築する様子を説明してくれています。EMF のメタモデルから始まり、Sirius のかなり詳しい使い方の説明まで触れていますので、このようなシステムを専用グラフィカル開発環境と共に構築したい方にはとても参考になるプレゼンテーションです。最後で触れていますか、このプロジェクトは github に公開されていますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

なお、今回の EclipseCon ではこれ以外にも itemis 社による LEGO Mindstorms を使った Xtext ベースのロボットシステム開発実行環境のデモや IBM 社が Raspbery Pi で JEE を動かしたミニチュアカーの展示などもあり、Eclipse のモデルベース開発技術が組み込みシステム寄りで応用が広がっていると感じられるものでした。

Video and slide (InfoQ): Arduino Designer: the Making of!

Viewpoint: the making of 動画の紹介

EclipseCon NA 2015 の報告で PolarSys のことを書きましたが、PolarSys 関連の聴講セッションのなかでも特に感心したのがこのビューポイントを作成してモデルに反映するデモです。二人の人が前に出てマネージャとデベロッパーの役を演じ、マネージャからの無理難題をデベロッパーが Capella/Kitalpha を使い軽く実現してしまうというプレゼンテーションです。

自由に Viewpoint を定義して Model Work Bench をカスタマイズしながらモデルを発展させてゆくというアプローチがとてもうまく実現されており、使い方を工夫すれば別の世界(例えば、エンタプライズ系)にも適用できるでしょう。このプロジェクトには Obeo 社が参画しており、そのためか Sirius が大活躍しています。

いろいろな意味で参考になるプロジェクトですので、是非最後までご覧ください。

Viewpoint: the making of 動画の紹介