“Model-driven Software Engineering in Practice” book について

Model-driven Software Engineering in Practice という書籍についての紹介です。

ざっと目を通しただけなのですが、OMGのMOF/UML etc. から eclipse modeling project に含まれる(非公式なものも含め)モデル駆動ソフトウェアエンジニアリング(MDSE)系のプロジェクト・話題について広く説明しており、これまで(Webページとしてはありましたが)本としては深く書かれていなかった領域を活字にしたものだと思います。 多少読みにくい部分もあったりしますが、この領域に関心を持つ人には参考になる本だと思います。

ご参考までに、この本のサイトもあります。

広告
“Model-driven Software Engineering in Practice” book について

What is the Mars Curiosity Rover’s software built in?について

火星探査機のソフトウェアはどんな言語で書かれているのか、という疑問に対するやり取り集(公式なものではありません)の紹介です。

  1. What is the Mars Curiosity Rover’s software built in?

公式な講演データを参照している箇所もあるため、ある程度は参考にできそうです。使われている言語は過去の実績にも基づいて決まるのだろうと思いますが、言語の選択よりコード作成の手順が(一般的なエンタプライズ向けアプリケーションとどう違うのか)気になります。以前 Software Engineering Radio でも類似の話がありましたが、仕様作成とテストに力を入れて徹底的にレビューするようです。

What is the Mars Curiosity Rover’s software built in?について

ISO/IEC/IEEE 42010:2011 — Architecture descriptionについて

かなり以前にご紹介したことのある IEEE 1471 という標準が ISO/IEC JTC1 に持ち込まれ ISO/IEC/IEEE 42010:2011, Systems and software engineering — Architecture description として出版されたという情報です。

  1. ISO/IEC/IEEE 42010:2011 — Architecture description

最近あまりフォローしていなかったためオリジナルからどの程度変わっているのか分かりませんが、ソフトウェア・システムアーキテクチャを設計する人のための標準という位置づけは変わらないはずです。 そのようなことを仕事としてされている方には参考になる(使える)だろうと思います。

参考までに、この活動のために設けられている URL を再度掲載します。

  1. ISO/IEC/IEEE 42010 Website
ISO/IEC/IEEE 42010:2011 — Architecture descriptionについて

Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journalについて

Dr. Dobb’s Journal の記事の紹介で、ここ1年に出版された Software 関連書籍から評価の高いものが6件掲載されています。

  1. Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journal

このタイトルに惹かれる方々はもちろんのこと、エンタプライズ系の仕事をされている方も、最近の傾向を理解するという意味で参考になると思います。

Jolt Awards: The Best Books | Dr Dobb’s Journalについて

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

Markus Voelter さんが昨日つぶやいていた話が早速 InfoQ の記事になっていました。 MDD や DSL に関する見解をまとめたペーパーを書いて2.5年程経過するため、中身を現状にあうように更新したということでした。

  1. InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

この世界に関心をお持ちの方は是非オリジナルのペーパーをご覧ください。

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

Posts from EclipseCon 2011

主に Planet Eclipse からですが、EclipseCon 2011 関連のポストが沢山あります。 そのうち本家 EclipseCon のどこかのページに追加されるのかもしれませんが、見つけたものを順不同で並べておきます。 (No specific order) Planet Eclipse もご覧下さい。

Posts from EclipseCon 2011

InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions

InfoQ の記事の紹介です。

  1. InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions

Language Workbench という言葉はご存じかと思いますが、MDSD/DSL などを実現する環境のようなもので、詳しくは Martin Fowler さんのブログ等をご覧ください。

  1. Language Workbenches: The Killer-App for Domain Specific Languages?

そして、この方向を向いているツールを集め同じ課題を与えどう解決するかを見比べてみようという Competition が企画されています。 このカテゴリーにはここに名前の挙がっているようなツールがあるのですが(他にもあります)、どれだけご存じでしょうか。

InfoQ: Language Workbench Competition 2011 Submissions