Conformance & Complianceについて

余り役に立つ話ではありませんが、本日別のWGに誘われて標準のConformanceとComplianceの違いについてという議論の場に立ち会いました。

Conformanceというのは標準に基づいて開発された製品(Product:動作するもの)がちゃんと標準の規定通りに製造されていることをテスト等により確認することで、Complianceは標準が更にその元となっている標準や関連する標準に矛盾していない(一貫している)ことで、通常は目視などにより確認します。

通信標準の場合、標準はプロトコル仕様、製品は商用ソフトウェアなどで、Conformanceは製品の接続試験などで確認します。 Complianceの例は、仮に標準の書き方という標準があったとして、その書き方にのっとって書かれていることを確認することで検証します。 ただ、標準の対象がソフトウェアアーキテクチャやフレームワークのレベルのものになると、何が製品なのかちょっと怪しくなってきます。

関心を呼ばないことは分かっていますが、標準化の会議というのはこのような地味な議論が多いということを知って頂くために書いてみました。

Conformance & Complianceについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中